シリコンバレーとつなぐ個人演説会を開催しました

23日夜、JRホテルクレメント徳島で開催された個人演説会では、アメリカシリコンバレー在住でChatWork株式会社代表の山本敏行様とビデオでつなぎ、立石候補との対談が実現しました。

インターネットでのコミュニケーションツール「チャットワーク」は、世界205ヶ国と地域、9万2000社に導入され、日本でもKDDI、ヤマダ電機、Gree、京都大学、そして立石候補が代表を務める弁護士法人リーガルアクシスでも活用されています。

山本代表は、シリコンバレーで活躍中の日本人起業家ということで、安倍晋三首相に日本の若者がどうしたら地方でイノベーションを起こせるかということをお話された経験もお持ちです。

また市内出身のご親族の方がいらっしゃることや、徳島IT飲み会や、ChatWork社の顧問弁護士が立石候補ということもあり、徳島は親近感のあるまちであり、新市長誕生のあかつきには、シリコンバレーを通して徳島市を全面的に支援すると、力強い応援の声をいただきました。

立石候補からは、ITというと冷たい感じもするけども、コミュニケーションの円滑化を図るツールとして活用し、市民サービスをよくしていきたいと述べられ、徳島市にもIT起業家が集まるようなまちにしていきたいと、熱い夢を語っていただきました。

わくわくするような未来が詰まった山本代表と立石候補との対談内容は、こちらの動画をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加